我が家にはシーズーのララ、ゴールデンのシェリー、シェパードのリーザがいます。日々の様子をご覧下さいね♪


by lieza1029

過去ログとして残しておきます

2006年(平成18年)の11月9日(木)の午前11時45分に我が家のわんこ達の主役でもあった
ゴールデンのシェリーが安らかに死去致しました。
生前はたくさんの皆様に可愛がってもらえて本当に幸せだったと思います。
b0098639_0595176.jpg

優しい笑顔が何よりも癒し効果があると自負しておりましただけにその笑顔がもう2度と見れないと思うと本当に残念でなりません。けれど苦しまず穏やかに逝ってくれたことだけが、私達の救いとなり、悲しみはありながらも少しずつ元気を取り戻しております。

                とても仲の良かったシェリー&リーザ
b0098639_113677.jpg

当初は相棒のシェパのリーザの凹みようはかなりのもので見ていて本当に辛かったです。
伏せしたままほとんど起きてこないのです。しっぽもいつもは元気良く振っていたのに振り方
まで寂しさが漂っていて、見ているこちらも悲しくなり抱き合って泣いてました。
ご飯の時にも「よし」と言うと器の場所から遠ざかってまた伏せして寝てしまうんです。
b0098639_132376.jpg

私が器から手で口に持っていきやっとの思いで一口二口食べると、また止めてしまうと
いう状態が何日か続きました。このままではリーザまで逝ってしまうのではと本当に
心配しました。毎日何度もリーザの傍に行きシェリーの話をしてあげました。
それは「リーザの元気な姿が一番シェリーは喜ぶんだよ」という内容です。でもそれは自分にも当てはまるんだと逆に思い「私がしょげているから余計にリーザはそれを感じて辛いのかも知れない」とその事に気づいてからは極力元気な姿をリーザに見せるようにしました。すると少しずつですがリーザも元気が出てきて自分からご飯に口をつけるようになり、今では普通に食べるようにまでなりました。そしてしっぽも元気良く振り、お散歩も嬉しそうに歩いてくれてます。
b0098639_174597.jpg

またシェリーと一緒にいるときが一番リラックスした状態でいたのですが、やっとそんな姿勢も
してくれるようになってきたんです。
b0098639_1125662.jpg

やはり飼い主の気持ちを敏感に感じとり、自分の気持ちもどうしてよいかわからないくらい悲しい思いでいたのですよね。これからはなるべく元気な姿で接して行きたいと思っています。
多頭飼いでしかもうちの場合はとっても仲がよかっただけに今回本当に勉強させられました。

b0098639_115969.jpg

            リーザ頑張ってシェリーの分まで生きてね!お願いだよ!!

これで本当にわんこブログは終了致しますが、時々見に来てやってくれると大変に嬉しいです
皆様、長い間、シェリーを可愛がって頂きまして本当に有難うございました。
[PR]
by lieza1029 | 2006-11-20 01:32 | シェリーとリーザ